投稿

2018年3月までの講演予定

イメージ
もっとも季節が厳しい大寒の時期、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 私は、2018年は年明けから風邪をひき、1月は中旬までエネルギーを消耗する感じでした。
回復したのは、3年前から続けているソマティックエクスペリエンスのタッチの
おかげと思います。
 地の底まで沈んでいきそうな感じを、低空飛行ながら這い上がることができそうです。




           セラピールームの癒しの動物たち

来月から講演を控えていますので、心身のエネルギーを整えていきたいと思っています。
 私は、サバイバーサポーターの立場から
当事者としての心情、支援者としての心構えについて講演依頼
されることが多いです。

 初めは、両方の立場を行き来することになれなかったのですが
段々と、当事者としての自分・支援者としての自分を統合できるようになりました。

 それでも、どうしてもなれないのが当事者としての面を出して話すことです。
 感情がゆさぶられますし、とても守られていない、身をさらけ出している感覚がします。
 その中でイマイチな一言を言われたら効果てきめん(笑)
 揺れ動いたり、ダメージを受けることもあります。
 そんな私にとって、心身のメンテナンスはかかせないものです。

 今年も、自分自身を調整しながら、性被害者にとって生きやすい社会が
実現できるよう取り組んでいきたいと思います。


【2018年3月までの講演予定】


*****
2月6日(火)18時半〜20時半 沖縄県うるま市
一般向け講演会・うるま市開催 テーマ:優しく、温かく、心強く支える
-性虐待の影響と必要なサポート- 講 師:山本 潤 日 時:平成30年 2月 6日(火曜日)
18時30分~20時30分(開場18時00分~) 場 所:うるま市生涯学習・文化振興センター ゆらてく
(うるま市字仲嶺187番地) 申 込:要事前予約 定 員:200人 お申し込み おきなわCAPセンター http://okinawa-cap.com/?p=171

***** 2月22日(木)14時〜16時 名古屋
日程平成30年2月22日(木曜日)午後2時~午後4時会場ソレイユプラザなごや研修室講師

#me too 声を上げることが必要なのは誰?

イメージ
#me tooの大きな流れ
ハリウッドのセクシャルハラスメント告発に始まった#me tooは日本にもうねりを起こしている。 12/18(月)yahooニュースセクハラ天国ニッポンで、#MeToo の号砲が鳴る
私は#me too に書いてくれた人に、次のように伝えたい。 「伝えてくれてありがとうございます。 私にも被害経験があり、性暴力に対する日本社会の理不尽で 不正義な状況を変えたいと行動してきました。 共に変化を起こしていきたいです。」

告発するか否かの選択
そして、#me tooの流れを受けて、自分の経験も話すべきなのか悩んでいる人にも伝えたい。
もし、あなたが悩んでいるのなら然るべき理由があると思う。
それは、自分も伝える必要があるのではと言うプレッシャーかもしれない。 加害者に仕返しされる恐れかもしれない。 批判や非難にさらされ、傷けられるのでではないかという恐怖かもしれない。
そのような場合、次のことを自分に問いかけて欲しい。
1、安全で安心な環境は確保されているだろうか?
2、私のトラウマは癒されているだろうか。
3、私のレジリエンスは保たれているだろうか。


1、安全で安心な環境は確保されているだろうか?

2018年3月までは、平日講演をお受けできます。

イメージ
12月2日は大分県被害者支援センター主催で講演。 「性暴力と生きることのリアル〜回復と必要な支援〜」について 190人の方にお話ししてきました。
翌日は少し足を伸ばして、湯布院へ。 晴天に恵まれ、湯布院の穏やかな自然と心安らぐ田園風景を堪能しました。
2010年から人前でお話しするようになり おかげさまで講演依頼も増えてきました。
サバイバーとして被害のリアルと心情 必要な支援についてお伝えする機会をいただけることを 大変嬉しく思っています。
おかげさまで今年度(2018年3月までの)土日講演の枠は全て 埋まりました。土日講演をご希望の場合は2018年4月以降に お申し込みください。
2018年3月までは平日講演をお引き受けできますので どうぞよろしくお願いいたします。



                    由布岳五合目付近にて

法律を変えるって難しい

イメージ
法律を変えるって難しい

何を今さら当たり前のことを。っていわれるかもしれませんが、 法律を変えるのって超難しいと実感する日々。
あんまり意識していなかったけれど、私も6月16日の刑法改正の達成感を引きずっていたんですね。
3年後に見直しを検討しましょう という附則は、あくまで見直しの検討 であって 必ず見直されるわけではない。
どちらかといえば、 今回改正したのだからしばらく改正する必要はないとか 今回の改正だって、変えすぎなんだ とか 思われていた入りする可能性だってある。
ましてや 刑法性犯罪改正に至るまで 様々な団体や個人が 「この改正では、性暴力の実態にあっていない」 「被害を受けた人たちや子どもはこの状況では救われない」 と要望書などで訴えたことを知りながら 今回の改正は、ここまで と切ったわけです。
この状況を動かしていくって 並大抵のことではないんだなと 改めて実感します。
それでも、希望を感じられるのは Springに新しいスタッフたちが入ってくれて 新しいエネルギーをくれたり
こんな状況なんですと伝えた時に 聞いた市民たちが、それはどう考えてもおかしいと 共感してくれるから。
・睡眠薬などの薬物を飲まされてレイプされても、警察の初動体制で薬物検査が標準でないため、証拠が得られず捜査や立件が難しいと言われてしまう。
・同意のない性行為の結果、心も身体も傷ついているのに、相手が知り合いだと刑事では難しいから民事でどうですか、と警察官から言われてしまう。(刑事事件にならなければ民事も難しいのが現実です)
・鬱やアルコール依存の発症率は相手が知らない人であってもパートナーであってもほぼ変わらないのに、加害者がパートナーだとほぼ立件されない。
これっておかしくないですか?
この感覚を共有して前進したいと思います。
雨上がりには虹がかかる(at Ikebukuro)

責任を取るほど成長する

イメージ
秋のバラが綺麗に咲く季節になりましたね。 一般社団法人Springを立ち上げて早5ヶ月。 1年目とは思えないほど様々な活動を展開しています。
一般社団法人Springブログ
目まぐるしく、日々加速度がついてパワーアップしているような 毎日ですが、自分自身の活動や仕事も丁寧に生きたいと思う 心の余裕がようやく戻ってきました。
これも、Springに集ってくださった皆さんがそれぞれに 思いを乗せて活動してくださるおかげです。

この間、たくさんの本を読みましたが 「大切なことだけをやりなさい」の中に
責任を取るほど、自信は高まり、未来のためのエネルギーが湧いてくる。 そして、責任を取るほど、ますます自分の能力や才能を信じられるようになってくる(p.32)
という言葉が書いてありました。 本を出した責任や国会で発言した責任を私が取らないといけないんでしょうか と思ったこともあったけれど、 私の言葉や行動に応え、動いてくれた人々の思いや行動が 考えてもいなかった局面に私たちを連れてきてくれたと思います。
そして、私自身の成長を導いてくれたとも思っています。 思いを燃料にして、遠くまで進みたい。
これからも、レバレッジを効かせて、アクセルを踏み、マルチ化して 成果をあげていきたいと思います。



【東京】11月3日 エセナ5講演

イメージ
11月3日は、東京ウイメンズプラザでエセナ5の10周年記念講演に登壇します!。
NPO法人レジリエンス中島さちさんとご一緒です。

エセナ5が立ち上がってから10年の歩みは、私の回復の歩みでもあります。

この前、打ち合わせをして中島さちさんと
「☆さんたちは「どうしてできないの?」と言われることで恥を感じるし
できないように見える☆さんを責める力も強く働くと思う」
(レジリエンスでは被害者ではなく、☆さんと呼びます)

と言われてい、本当にそうだなぁ、性暴力を受けたからできないようになったのに
それが本人の責任にのように言われること
できなくなることが、トラウマの症状として正常であることが知られていないこと
できていることに注目していくことの大切さが、まだまだ知られていないと
改めて感じました。

さちさんの洞察と思いの深さにいつも感服しています。

11月3日の講演会、私たちのテーマは
中島さちさん  一人一人ができること
山本潤 私ができるようになったことと刑法性犯罪改正

というテーマでお話ししたいと思います。

10年前、人が怖く、世界が怖く、私ができることはとっても限られていて、
希望や夢も持ちようがありませんでした。
でも、今は自分が望むことを自分らしくできていると感じています。

それは一人でできるようになったのではなく、先を行く仲間のさちさん
そして、エセナ5の皆さんに支えられたからでもあります。

さちさんが、初めて性暴力をテーマにお話したのもエセナ5
私も、初めて性暴力被害についてお話したのがエセナ5でした。

エセナ5があったからこそ
できたことがたくさんあると思います。
日本ではじめて、東京都区内をめぐり性暴力の5回連続講座を毎年実施した団体の10周年記念講演会です。
ぜひお越しください。

会場でお待ちししています(^^)/



【講演】11月7日シンポジウム「性暴力の根絶を目指して~刑法改正後の課題~」

イメージ
日本弁護士連合会シンポジウムで講演します。
刑法性犯罪改正について日弁連が出した反対の要望書に、抗議をしに行ったのが2015年。
短いようで月日がたったなと感じます。
読んでいただいたのは、両性の平等委員会でいつも被害側から
誠実に発言されているところです。
お話を伺えるのも楽しみにしています!
どなたでもご参加いただけるので、ぜひお越しください!


https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/171107_2.html

110年ぶりに刑法の性暴力犯罪規定の主要部分が改正されました。しかし、暴行脅迫要件の在り方、児童期の性虐待事案の早期発見や時効の在り方、適切な性交同意年齢の検討など、積み残された課題もあります。
本シンポジウムでは、当事者・刑法学研究者・実務家を交えて、最先端の知識を共有し、3年後の見直しに備えることを目指します。
日時2017年11月7日(火) 18時00分~20時30分(17時45分開場予定) 場所 弁護士会館17階1701会議室会場地図 (千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結) 参加費など 参加無料・事前申込不要(定員:120名) 参加対象・人数 どなたでもご参加いただけます。 内容(予定)○基調講演:島岡まな氏(大阪大学大学院高等司法研究科教授) ○講演:山本潤氏(一般社団法人Spring代表理事) ○パネルディスカッション: [パネリスト] ・島岡氏 ・山本氏 ・角田由紀子氏(弁護士・元法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会委員)
チラシ (PDFファイル;317KB)
臨時保育施設のお申込について 【要予約】未就学児を対象に臨時保育室を開設します。 ご希望の方は、10月30日(月)までに下記問い合わせ先まで必ずお電話ください。 なお、お預かりするお子様の月齢は、【生後6か月以上】とさせていただきます。 また、健康条件によってはお引き受けいたしかねる場合がありますのでご了承ください。 主催 日本弁護士連合会 お問い合わせ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課  TEL 03-3580-9512

【9/23;東京】Springキックオフイベント:法律を変えて人生を変えよう!+時効について思う事

イメージ
7月7日に一般社団法人Springを立ち上げて、2か月。 目まぐるしい怒涛の日々でした。。。(いつも?)
遅ればせながら、9月23日にキックオフイベントを開催します。
さて、突然ですが次のような会話をどう思いますか? 閲覧注意な会話だと思うなので、キックオフイベントだけ読みたい方は 【9/23;東京】Springキックオフイベント:法律を変えて人生を変えよう!
上をクリックして、ここだけ読んでください。



【会話】
質問>「小学生のいとこに、成人だった自分が強姦をしてしまいました。もう時効になってますけど、相手から告訴やいろんな手を使ってきても知らん顔をしていてもよいのでしょうか?その時の証人は僕の母親と叔母だけです。」
弁護士答え「あなたが民事の賠償責任を負う可能性はあるでしょう。
刑事責任については公訴時効が成立すれば負わないでしょう。」
出展:弁護士ドットコム
私はこれを読むと、毎回血が逆流するような感じがします。 強制性交等罪(旧強姦罪)の時効は10年です。 小学生をレイプしても、10年過ぎたら、刑事罰に問えないのが今の日本です。 刑法性犯罪は6月に改正されましたが、これは変わりありません。
ドイツでは、子どもの時の性的虐待を被害者のためのコールセンターに問い合わせた人の平均年齢が 46歳であったことから、満30歳まで公訴時効を停止、刑事公訴時効を20年としました。(刑事法ジャーナルvol.45 p.99.100)
スイスは、12歳未満の児童に対して性犯罪がなされた場合には、時効を撤廃しています。 (刑事法ジャーナルvol.45 p.115)
私は、今回成立した監護者性交等罪(親などの立場の人が18愛未満の子どもに性交すれば罪に問える) が30年前にできていたら、私の人生は変わったと思います。
親などの立場の人が子どもに性交することが犯罪だと明記されたからです。 それまでは、親子であっても真摯な同意のある性交はありうるかもしれないと言われていましたからね。
同じように、子どもへの性被害は時間がたったからといって許される問題ではないと 社会が明確に示す必要があります。
そのためのルールを法律につくることが大切なのです。
性暴力が、子どもに行われる場合、深く傷つきながらも それが暴力だと、侵害だと認識できない場合があります。 トラウマにより記憶喪失や忘却により 虐待を長い歳月が…