投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

【Spring】 経理スタッフ募集 のお知らせ

イメージ
Springから皆様へ 経理スタッフ募集 のお知らせです。


現在、私どもは一緒に活動していく 経理スタッフ を募集しております。 以下 Spring 代表 山本潤からのメッセージ、ならびに詳細をご確認の上、ご応募ください。
********************************************************

Springブログをご覧の皆様、いつもありがとうございます。 代表理事の山本潤です。
Springも1月で設立より1年半を迎えました。 刑法改正に向けて、思いを持って参加してくれた たくさんのボランティアスタッフがそれぞれ活発に活動しており とても心強く、私も勇気付けられています。
そして、「刑法改正後どうするのか」を聞かれることも多くなってきました。 私の今の思いは、例え、刑法改正がされたとしても運用などの課題が残る。 当事者団体として発言することは今後も必要と思っています。
なので、今年は公益法人化を視野に入れた プランを考えていければと思っています。
そこで今回、経理経験者を募集いたします。 刑法改正に関心がある方、被害当事者らの団体による社会変革に興味がある方、 経理の面からSpringを支えてみませんか?

経理スタッフをご希望の方は、募集要項をご確認の上、 メールに必要事項を明記し、 一般社団法人Spring事務局 : info@spring-voice.org 宛にお送りください。
-------------------------------

2019年3月16日(土)#metooで変えよう!刑法性犯罪 ~ Spring 全国キャンペーン in 神奈川 ~

イメージ
いよいよ始まるSpringの全国キャンペーン
3月16日(土)神奈川から開始します!



 #metooで変えよう!刑法性犯罪
~ Spring 全国キャンペーン in 神奈川 ~

2019年3月16日(土)
アートフォーラムあざみ野にて開催決定!!

====★=======★=======★=======★====

全ての人の心に、温かい春を届けよう。
一人ひとりの声を集めて、性暴力のない未来を作ろう。
Springがあなたの街にやってきます。

2017年6月、刑法性犯罪が110年ぶりに大幅改正されました。
性犯罪の非親告罪化、法定刑の下限引き上げなど、多くの前進がありました。

また、2018年にはインターネット上で性被害の告発を行った「#metoo」が
流行語大賞にノミネートされるなど、少しずつ性暴力被害の実態に
光が当たるようになってきていると感じます。

私たちSpringも、これまでの活動を通して、
性暴力被害者支援に情熱を持って取り組む団体がたくさんあること、
同じ問題意識を持つ人がたくさんいることを知りました。

「#metoo」をはじめとする世論の流れを、社会を変える力にしたい。
同じ想いを持つ人々と繋がり、大きなものにしていきたい。
そして何より、全国にいる当事者の声を集め、法制度の変革に繋げたい…!!

そんな想いを胸に、Spring は2019年「#metoo で変えよう!刑法性犯罪」と題し、
全国の地方都市でイベント・キャンペーンを開催します!

イベントでは、刑法性犯罪の残された課題や実態についてお伝えし、
これまでの Spring の歩みや、今後の活動の展望を発表します。
また、Spring が行っている“ロビイング”を楽しみながら体験できる
ワークショップを実施します。

「社会を変える活動って面白いかも!?」そう思った方は、
ぜひイベント後半の『全国キャンペーンオリエンテーション』にもご参加ください。

性暴力を取り巻く現状を知りたい・変えたい方、
Springのロビイングに関心のある方、イベントに興味があるけれど、
これまで会場が遠くて参加できなかった方、この機会に是非ご参加ください!



====★=======★=======★=======★====

【 イベント詳細 】

▼イベント名
#metooで変えよう!刑法性犯罪
~ Spring 全国キャンペーン in 神奈川 ~

▼ 日時
2019年3月16日(土)
14:0…

山本潤3月講演のお知らせ

▼3月2日(土)ふじの国静岡で講演を行います
【日時】2019年3月2日  午後1時から午後4時まで
【場所】ペガサート6階(静岡市葵区御幸町3-21)【内容】『講演』
〇演題:「性暴力被害に遭うということ」
〇講師:山本潤さん(性暴力被害者支援看護師:SANE)
『静岡県性暴力被害者支援センター(SORA)の概要説明』
『パネルディスカッション』
〇テーマ:「これからの性暴力被害者支援」
〇コーディネーター
・周藤由美子さん(京都性暴力被害者支援センター(SARA)スーパーバイザー)
〇パネリスト
・根本泰子さん(日本赤十字社静岡赤十字病院産婦人科部長)
・福岡ともみさん(NPO法人性暴力被害者支援センター・ひょうご事務局長)
・山本潤さん(性暴力被害者支援看護師:SANE)
【参加費】無料
【申し込み方法】
受講申込書に御記入の上、郵送・FAX・Eメールで、お申込みください。送付先住所・電話番号・メールアドレスは問合せ欄を参照してください。電話での申込受付は行っておりません。チラシの裏面が受講申込書となっています。ご案内はこちらから


▼3月8日(金) エル・ソーラ仙台で講演を行います。こちらは残念ながら
<定員に達したため、受付を終了しました>とのことです。ご案内はこちらから


▼3月30日(土)火の国熊本で講演を行います。【日時】3月30日(土)13:45~15:45【場所】アークホテル熊本(熊本市中央区城東町5-16)【内容】熊本県弁護士会犯罪被害者支援委員会フォーラム
ご案内はこちらから


高知県の被害者支援

イメージ
高知県では 「性暴力被害者サポートセンターこうち」CORALCALLと 高知県警被害者支援室の方にお話を伺ってきました。
コーラルコールは連携型の性暴力被害者支援機関で 平成29年度の相談・支援件数は272件 平成30年度4月から12月の相談・支援件数は244件 とのことです。
高知県警では 今年1月から匿名での法医学的証拠採取を 行なっているとのことです。
被害直後に 被害届を出す決断をすることは難しいので 証拠を保存して後から考えられる体制が作られたのは とても良かったと思います。
高知市は県警、検察、県庁、被害者支援センター、弁護士事務所 の距離が近くコンパクトな街でもあり 顔の見える関係を作られているのだなと お話の中から感じました。
一方、高知県だけではないのですが コミュニティが狭いと 被害の事実を知らせることも難しい という課題も感じました。
支援者や関係機関は 小学生や中学生同士の性暴力が起こっていること。 オンラインを用いて加害者が接触し、グルーミング(手なづけ)されて 被害に巻き込まれていること。 教育現場での性暴力、