【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

2016年冬にお話をいただき、夏より講演会も最小限にして書き続けてきた私の手記がいよいよ出版の運びとなりました。
出版記念のトークショーを2月25日に開催します。トークショーはささっと終えて(笑)後半は軽食&ワンドリンク付きのパーティ形式です。

どうしてこの本を書こうと思ったのか、書いてみてどうだったのか、今後どうしていきたいのか
など、生トークでしか語れないようなぶっちゃけ話をしていきたいと思います。
楽しいイベントにしていきたいと思います。

ぜひ、お越しください!!

◆───-- - -      - - - --───◆

【2/25:東京】
『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』
出版記念トークショー

↓イベント詳細はこちらです
https://www.facebook.com/events/226890911052278/

◆───-- - -      - - - --───◆


性被害を受けた人の心はどうなるのか、身近な人たちにどんな影響
をもたらすのか、回復のためには何が必要なのか。
顔と名前を出し、性的虐待とその影響を伝えてきた山本潤の経験が、
書籍になりました。
日本でも多くの人が性暴力被害を受け、苦しんでいます。
この本により、どのようなダメージなのかということ、どうすれば
性暴力の問題を解決できるのかが伝わること、そして性暴力被害者を
暖かく心強く支えてくれる人々が一人でも増えることを願っています。


【日時】
2017年2月25日(土)18:00~20:30
 18:00-18:40 山本潤講演
 18:40-19:20 トークショー
 19:20-20:30 出版記念パーティ

【会  場】
アーツ千代田3331 ラウンジ
東京都千代田区外神田6丁目11-14
*東京メトロ銀座線末広町駅 4番出口より徒歩1分
*東京メトロ千代田線湯島駅 6番出口より徒歩3分
*都営大江戸線上野御徒町駅 A1番出口より徒歩6分
*JR御徒町駅南口より徒歩7分
*JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
*JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分
↓地図はこちらです
http://www.3331.jp/access/

【トークショー登壇者】
*山本潤(『13歳「私」をなくした私
 ―性暴力と生きることのリアル―』著者。看護師・保健師。)
*浦上哲也(浄土真宗 倶生山なごみ庵 住職。)
*大坂温子((『13歳「私」をなくした私
 ―性暴力と生きることのリアル―』編集担当。編集者。)

【定  員】
40名(先着順)

【参加費】
5,000円(軽食&ワンドリンク付き)

【申込】
☆メールにてお申し込み下さい
*「件名」に「2/25参加希望」、
 「本文」に氏名(ふりがな)、緊急連絡先 を入力し、
 ご送信ください。
*メールアドレス→junbookparty@gmail.com


【登壇者紹介】
☆山本潤(やまもと じゅん)
看護師・保健師。性暴力被害に遭った経験から勉強を始め、2007年
SANE(性暴力被害者支援看護師)研修修了、2010年看護学修士取得。
2008年より講演活動開始。被害経験と専門的知識を融合させた
ワークと講演は、納得ができ理解が深まると定評がある。性暴力
被害支援者研修、一般市民対象の講演活動多数。NPO法人女性の
安全と健康のための支援教育センター運営委員、
日本フォレンジック看護学会理事、自助グループ野いちごの会運営者。
ブログ→http://sadv0.blogspot.jp/

☆浦上哲也(うらかみ てつや)
浄土真宗 倶生山なごみ庵 住職。自死・自殺に向き合う僧侶の会
会員。一般家屋を改装した「ちいさなお寺 なごみ庵」を運営。
舞台役者である妻とともに、寺院向け芝居の公演で全国を巡る。
また、ワークショップ「死の体験旅行」を主催。死を見つめることに
よって生を見つめ、自分にとって何が本当に大切なものかを再確認
できるものとして、注目を集めている。
倶生山なごみ庵ブログ http://753an.blog.so-net.ne.jp/

☆大坂温子(おおさか あつこ)
編集者。朝日新聞出版書籍編集部勤務。一般書、朝日新書を
手がける。主に森博嗣著『夢の叶え方を知っていますか?』、
田村耕太郎著『頭に来てもアホとは戦うな!』、竹内薫著
『素数はなぜ人を惹きつけるのか?』などを企画・担当。
朝日新聞出版ウェブサイト→http://publications.asahi.com/


【書籍『13歳、「私」をなくした私
~性暴力と生きることのリアル~』】
第1章 性暴力、が始まった
第2章 刻印
第3章 アルコールに溺れる
第4章 セックスが怖い、けど止められない
第5章 母と私の葛藤
第6章 加害者の心
第7章 「私」を取り戻す
エピローグ あなたがやらない限り

※会場内で書籍販売(著者割引あり)も行います!


【主催】
☆性暴力と刑法を考える当事者の会
性暴力被害者、ならびに性暴力被害を自分の事として考える
メンバーにより立ち上げた会です。刑法が性暴力の実態に
見合った法律になるよう勉強会の開催や意見の発信を行って
います。
Web→https://saandcliminallaw15.jimdo.com/



コメント

このブログの人気の投稿

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

【埼玉2 /18】シネマサロン 性暴力を考える 上映作品『あなたは悪くない~性暴力サバイバーからのメッセージ~』