今こそリーダーシップを示す時


ハリウッドから始まった#me tooムーブメントをご存知でしょうか?
セクシュアル・ハラスメント、性暴力を告発するこの運動は
日本では盛り上がりに欠けると指摘されています。

日本では、訴え出た被害者が素性を詮索され、バッシングをされるなどの
二次被害を受け、加害者が処罰されることがほとんどないという状況にあります。

このような現状では、#me tooということ自体が、不利益になります。
声を上げることができなくて当然だと私は思います。

それでも、#me tooは確実に意識を変えているのだと
今回の財務省セクハラ問題を見ていて思いました


被害者は、これまでも声を上げてきました

誰にも聞いてもらえなくても

否定されても

組織をやめさせられたり、人格を貶められる不利益を被っても

その長い列に私も連なってます


そして、今必要なのは、被害者が声を上げることではなく
権力を持つものがリーダーシップを示すことです。

セクシュアル・ハラスメント、性暴力のリーダーシップとは

リーダーシップとは
1、被害者を保護すること

2、公正な事実確認をすること

3、セクシュアル・ハラスメント、性暴力を絶対に許さないという強い意思を示すこと

です。
財務省のセクハラへの対応は大きな問題です

加害者が属する組織と契約する弁護士に名乗り出るよう求めることは
 被害者に「個人情報が守られないかもしれない」「批判や攻撃に使われるかもしれない」
 という不安や恐怖を抱かせることが当然予測されます。

更に、名乗り出ないことで
被害がないという証明のように扱うことができ、悪質です。このような対応は
被害者を萎縮させ、セクハラを容認する文化につながり、被害者保護になりません。

また、加害者側と契約している弁護士なので、立場上も公正でもありません。

そして何より欠けているのは、セクシュアル・ハラスメント、性暴力を絶対に許さないという強い意思を示していないことです。

意思がないから、被害者を保護するという責任を示さず
公正な事実確認をするという行動に欠けているのです


日本で最強と言われる官庁だからこそ
示すべき責任があります

国民が信託した政治家だからこそ
発すべき言葉があります

真実を伝える報道機関だからこそ
何が起こっているかを伝える責任があるのです

BBCによるアンケート「もっとも偉大な英国人」ランキングで一位になったチャーチルは
こう言いました。

「大切なことは、力のない人の言葉が認められることである。」

そのようなリーダーシップを今こそ
日本で見せて欲しいと私は思います

そしてそのようなリーダーを支持することが
私たちの見識として問われていることです
支持する人がいなければ

リーダーはリーダーではいられないのですから


コメント

このブログの人気の投稿

【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

#me too 声を上げることが必要なのは誰?