11月25日北海道犯罪被害者支援フォーラム

「大切な人が性暴力にあったら~私たちにできること」お招きいただき、「被害者支援とエンパワメントという題でお話ししました。

100人以上を前にお話しするのは、はじめてだったので、緊張していましたが、司法面接で有名な北海道大学大学院教授の仲 真紀子さんが、あまりにもかわいらしく面白くステキな人だったので直前に楽しい時間を過ごせましたし、場をセッティングしてくれた北海道庁の方たちがとても親身にむかえいれてくださり、とても暖かさを感じながらお話しすることができました。

拙い講演でしたが、「サバイバルサロンぷれぜんと」のオリジナルテーマソングも披露できて、みなさんによろこんでいただけたよう
でいただいたようでよかっです。

講演前には、北海道の被害者支援を行ってる団体にも、お邪魔してお話をお聞きしました。

北海道被害者総合窓口である、北海道家庭生活総合カウンセリングセンターでは、家庭生活総合カウンセリングという広い間口から、性暴力への直接支援まで地域の社会資源も活用した支援につなげていました。

性暴力被害に特化した支援を行っているSACHRAでは、看護師やアドボケイドの要請研修も行い、被害者支援の裾野を広げようとされています。

短い訪問でしたが、北の地の人々の暖かさを知り、その地で広がろうとしている性暴力被害者支援の動きにも触れることができました。

そして、サバイバーさんにもお会いすることができ、その前向きなパワーにワタシも励まされ、出会いに恵まれた旅になりました。

みなさま、本当にありがとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿

【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

【埼玉2 /18】シネマサロン 性暴力を考える 上映作品『あなたは悪くない~性暴力サバイバーからのメッセージ~』