【2016年8/20・8/21東京】米国のグループ支援実践に学ぶ暴力(DV)を受けた 女性のサポートグループ研修

第1次の締切を過ぎましたが、第2次で若干名、申し込めるようです。
アメリカにお住いの講師による、意義のあるグループ研修だと思います。お問合せ下さい。



   『ファシリテーター養成特別研修:米国のグループ支援実践に学ぶ
  夫・交際相手から暴力(DV)を受けた 女性のサポートグループ研修』

 グループ支援は重要な社会資源です。
DVを受けた女性たちは孤立しがちです。グループでの支援は、同じような経験を
した女性たちと語り合うことで、暴力を受けたのは自分だけではない、被害を受け
た女性が悪いのではないこと、DVを生み出す社会的構造があることなどに気づい
ていくためにとても効果的です。このようなグループ支援にはファシリテーション
の技術が不可欠です。
 しかし、ファシリテーション技術を体系的、実践的に学ぶ場は限られています。
特別研修では、ロールプレイや小グループでの演習など参加型のトレーニングを通
して、グループの持つ力を体感したり、実践に即したファシリテーション技術をと
もに学んでいきます。

講師:吉浜美惠子 社会福祉学博士 ミシガン大学大学院教授
日程:1.2016年8月20日(土) 10:00~17:00
   2.2016年8月21日(日) 10:00~17:00
   原則全2日間通しての参加を前提とした研修です。日程調整が困難な方は受
講申込書に記載ください。
対象者:DVを受けた女性のグループ支援に関わっている人、および官民相談機関
の担当者・管理者、グループ支援に関心がある人(学生歓迎)など
定員:25名
参加費:40,000円 奨学金制度あり(参加費 30,000円、10人限定)
会場:東京都港区立男女平等センター(リーブラ)学習室C
申込・問い合わせ:「受講申込書」に記入の上、下記の主催団体宛に、メール・
fax等でお申し込みください。   (電話は問い合わせのみ)
申込締切:7月20日(水)必着 締め切り後の申込は、定員に余裕がある場合は
考慮します。
受講通知:受講の可否は、できるだけ早く7月中に連絡します。
研修チラシ・申し込みのデータはGEMのHPから入っていただくとそこから飛ぶこと
ができます。http://gem-net.link/ 

主催  (特非)男女共同参画みなと(GEM)HP:http://gem-net.link/ 
     E-mail:gemevent2016@gmail.com   fax:03-3280-4981
     住所:〒108-0075 東京都港区港南3丁目4番8-1111号
共催   サポートグループ研究会
協力  (特非)フォトボイス・プロジェクト 
後援  (特非)全国女性シェルターネット

講師プロフィール 吉浜美惠子 社会福祉学博士
 米国ミシガン大学社会福祉学大学院教授。カリフォルニア州 UCLA にて社
会福祉
学博士号および修士号取得。カリフォルニア州とミシガン州において、ソーシャル
ワーカー
免許を保持し、臨床経験も豊富。アクション・リサーチを通し、調査研究と市民
(女性)運
動の融合、政策提言や評価、援助プログラムの拡充に向けての調査研究、実践にた
ずさわる。
日本においては、1992年、「夫(恋人)からの暴力」調査研究会を共同設立
し、日本で
初めてのDV全国調査を実施(調査結果は共著『新版ドメスティック・バイオレン
ス』有斐
閣)。東日本大震災後、被災した女性たちとともに、フォトボイスの手法を使った
グループ
ワークを継続実践している。

用語説明
〇サポートグループ:メンバー間の相互援助や相互交流、およびメンバー自身の持
つ対処能
力の向上を目的としたグループ。
〇ファシリテーター:グループにおいてメンバーの意見や力を引き出しながら、メ
ンバー同
士の話し合いを深める進行役。メンバーが、自分の経験や感情を語ること、自分自
身や社
会への気づき、メンバー間の相互援助などを促し、グループの力学を利用しなが
ら、メン
バーの目標やグループ全体の目的達成をめざす。

会場:東京都港区立男女平等参画センター(リーブラ) Tel 03-3456-4149
〒105-0023 東京都港区芝浦1-16-1みなとパーク芝浦 
http://www.minatolibra.jp/institution/#access 

*******************************
受講申し込み
以下についての回答をA41枚の範囲におさめて送信してください。「受講申込書」
が添付されています方、そこに記入してできればメールで返信ください。無理な方
はfaxも可能です。

申込締切 2016年7月20日(水)
氏名(ふりがな)               
年齢:○○代(前半・後半)
職業:           
所属(団体や機関):
E-mail:                   
携帯電話:
Fax:
住所:〒

*グループ支援についてお尋ねします。(該当する番号に〇をつけてください)
 1. 現在支援に携わっている⇒どのように?(具体的に             ) 
 2. 個人支援ですか?グループ支援ですか?(                 )
 3. グループ支援をされている方、どのようなグループ支援ですか?(      )
 4. グループ支援を企画している⇒具体的に(                 )
 5. グループ支援に関心がある(                       )
 6. サポートグループについて聞いたことがありますか?どこで、何時?(    )
          
*受講しようと思われたきっかけはなんですか(箇条書きでも可)
*現在および過去におけるグループファシリテーション(どのようなグループでも
可)の
 経験があれば具体的に書いてください
*グループファシリテーション実践において、悩んでいること、およびこの講座で
学びたい
 こと
*奨学金の利用を:
 ・希望する ・希望しない⇒奨学金が利用できない場合、参加を希望されます
か?
  ⇒・辞退する ・辞退しない
〈記入いただいた個人情報は、本研修ならびに継続研修の連絡にのみ利用させてい
ただきます。
 本人の承諾なく、第三者に提供することはいたしません。〉

【問合せ・申込先】(特非)男女平等参画推進みなと(GEM)
  E-Mail: gemevent2016@gmail.com
    FAX:03-3280-4981  TEL:080-4599-9563  HP: http://gem-net.link 
    〒108-0075 東京都港区港南3丁目4番8-1111号



コメント

このブログの人気の投稿

【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

【埼玉2 /18】シネマサロン 性暴力を考える 上映作品『あなたは悪くない~性暴力サバイバーからのメッセージ~』