「ライトハウス」イベント先生のための子ども支援セミナー〜子どもを性の商品化から守るには〜


本屋に呼ばれて(時々呼ばれます)、たまたま手にしたのですが

圧倒されました。
私の職場に来る女性たちがたどってきた、困難という言葉もおぼつかないような
過酷な運命を生きてこられている彼女たちの現実を、真摯に伝えてくださっている本だと思います。

感銘を受けて、ぜひお話をお聞きしたいなと思っていた数日後に

人身取引被害者サポートセンター「ライトハウス」さんのイベント
先生のための子ども支援セミナー〜子どもを性の商品化から守るには〜

に登壇されると知り、さっそく申し込みました!

他にも、充実した講師陣がそろい、(下記参照~すごい顔ぶれでしょ?なかなかないですよ♡)
「受講者同士の交流タイムや、それぞれの職場での悩みや課題を共有し合うお時間も設けています」
とのことで、楽しみです!
子どもを性の商品化から守る支援者を養成するセミナーです。

ぜひ参加者が増え、子どもを守れる大人たちがたくさん養成されるよう願っています。


研修レジュメ(予定):[1日目] 9:20〜17:45 【テーマ:現状を知る
児童買春・ポルノ事犯について」泉澤一氏(警察庁生活安全局少年課)
セックスワークに捕捉される未成年者」鈴木大介氏(ルポライター、「家のない少女たち」著者)
婦人保護施設からみる、人身取引被害者の現状(仮)」横田千代子氏(婦人保護施設 いずみ寮施設長)
被害児童の支援―医師の立場から(仮)」山田不二子氏(子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク理事長)
[2日目] 9:30〜17:30 【テーマ:支援方法を考える
性教育で考えておきたいこと(男子に焦点を当てて)−子どもに育てたい性的自己肯定感」村瀬幸浩氏 (“人間と性”教育研究協議会幹事)
ポルノ被害と性暴力(仮)」金尻カズナ氏(ポルノ被害と性暴力を考える会)
女子高生の裏社会―性的搾取されやすい少女の事態と支援策」仁藤夢乃氏(一般社団法人Colabo)
想定外のトラブルに巻き込まれる子どもたちーインターネットで知っておきたい護身術とは」大久保貴世氏(一般財団法人インターネット協会)



コメント

このブログの人気の投稿

【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

【埼玉2 /18】シネマサロン 性暴力を考える 上映作品『あなたは悪くない~性暴力サバイバーからのメッセージ~』